名刺は仕事をする上での最大の武器

名刺は、自分がどのような人間かを証明するものです。
これから一緒に仕事をしていく相手に対してすぐに渡すと一発で自分を紹介することができる便利なものです。
名刺には、名前、会社名から所属部署、電話番号にメールアドレスまで記入されています。
以前に渡した相手が何かの時に思い出して見て連絡帳しようと思うきっかけになることもあります。
それが仕事をしていく上で名刺が必需品なものであり、最大の武器となる理由であると言えます。
社会人になると、初めて会う人が多くなりますが、相手に対しての情報をある程度知れば心を自然と開いて安心しながら話すことができるようになります。
このように名刺は、自分自身を紹介するだけでなく、相手のことも瞬時に分かるので緊張する仕事の商談前などには安定剤の役割も担っています。
また、初対面の相手とのコミュニケーションを円滑に保つ手助けにもなります。
会話が途切れた時に会社の雰囲気などを質問するきっかけにもなり役立ちます。